米国株

米国株のチャートでおすすめのアプリは?リアルタイム対応の無料ツールやおすすめ証券会社も紹介

編集者:Money Theory編集部
米国株のチャートでおすすめのアプリは?リアルタイム対応の無料ツールやおすすめ証券会社も紹介

米国株は株価上昇に大きな期待ができるとして、今注目を集めている投資先です。

そんな米国株への投資をするうえで、スマホで手軽に情報収取をしたい。

簡単に銘柄分析できるツールが知りたいと思ってる方は多いと思います。

そこでこの記事では、米国株取引をする方におすすめのチャート分析が便利なサービスについて紹介していきます。

米国株投資に興味がある方はぜひ目を通してみてください。

【2024年】米国株におすすめのネット証券ランキング!外国株の手数料・取扱銘柄数を徹底比較

moomooアプリ
【無料】金融情報アプリ誕生!
moomoo証券
  • 無料でリアルタイムデータを分析!
  • プロの株価予想を無料で見れる!
  • 米国株取引サービス開始!

米国株のチャート分析が便利なおすすめアプリ

米国株の選び方の基礎はわかっても、米国株の情報収集の術が分からなかったり、なかなか自分なりに見つけていくのが難しいと感じている方も多いと思います。

国内株なら日本語で企業情報を見つけることができますが、米国株の情報となると、探すことすら初心者にはハードルが高いです。

また米国企業の情報は日本企業に比べて少ないうえに情報の伝達が遅れてしまうケースもあります。

そこでここからは、米国株の情報収集に最適のアプリを紹介します。

無料で利用できるアプリなので気になった方は試しにダウンロードしてみてください。

米国株のチャート分析が便利なおすすめアプリ
  • moomoo証券:金融情報アプリ
  • SBI証券:米国株アプリ
  • マネックス証券:トレードステーション
  • 楽天証券:iSPEED

【2023年】株取引におすすめの取引ツールを紹介!各証券ツールの特徴や使用上の注意点も解説

moomoo証券:金融情報アプリ

moomoo証券
総合★★★★★ 4.5
テクニカル分析
アナリスト分析
ファンダメンタル分析
外国株の分析対応
アプリ概要
無料のリアルタイムデータ
空売りデータで分析可能
プロの株価予想を見られる

moomoo証券は世界で2000万人以上の利用者数を誇るネット証券で、2022年10月に日本で金融情報サービスをリリースしました。

moomoo証券のアプリは、日本株だけでなく米国株のリアルタイム株価を閲覧することが可能で、他のアプリにはあまりない先物リアルタイム価格も閲覧することができます。

テクニカル指標は60種類以上を搭載し、描画ツールも30種類以上ある等、チャートも高機能です。

例えばテクニカル指標の設定画面では、「トレンド指標」「買われ過ぎ・売られすぎ指標」「変動指標」のように分類されていてわかりやすいのが特徴。

また、別の銘柄と値動きを比較する「比較チャート」や、未来の値動きを予測してくれる「類似チャート予測」等の機能も搭載されており、充実しています。

また初心者に嬉しい機関投資家動向の情報も提供されており、有名投資家がどんな銘柄を買っているのか知ることができます。

他にも空売りデータを分析する機能や証券アナリストの分析なども豊富に提供されている為、初心者から上級者まで満足して利用できます。

中国A株・香港株などの情報も豊富なので、様々な海外株式に興味がある方にもおすすめです。

moomoo証券の口コミ・評判はどう?メリット・デメリットや手数料も解説

App StoreからダウンロードGoogle Playで手に入れよう

SBI証券:米国株アプリ

SBI証券米国株アプリ

SBI証券米国株アプリのチャート機能では、株価の方向性を分析する移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表などのトレンド系指標や、売買のタイミングを探るMACDなどのオシレーター系指標を、タップするだけでチャートに表示することが可能です。

さらに複数期間のチャートの比較ができる点も便利なポイントです。

さらに最大約20年分の膨大な株価データを分析に活かせるのも強みの一つ。

またスマートフォンで最新の市場ニュースや決算速報の確認も可能です。

もちろん、米国株式市場の銘柄検索、注文、管理も簡単に行えます。

豊富なテクニカル指標や見やすいチャート画面、豊富な情報提供によって、米国株初心者でも銘柄分析がしやすいようサポートしてくれます。

SBI証券の手数料はいくら?各プランの料金や他社の手数料と徹底比較

マネックス証券:トレードステーション

マネックス証券トレードステーション

マネックス証券のトレードステーションは、チャート描画、チャート種別の変更、27種類(Android版は26種類)の指標の追加ができる高機能チャートを実装しているのが特徴です。

さらにチャート取引で注文を発注することも、約定済注文をチャート上に表示することもできます。

レーダースクリーンやチャート分析など、パソコン版と同等の機能をアプリでも提供しています。

30年にわたるチャートデータと多様な指標を用いた高度なテクニカル分析が可能としながらも、直感的な操作性と自由度の高いカスタマイズ機能で、銘柄分析と発注が一元的に行えます。

マネックス証券の手数料は高い?米国株や信用取引の手数料を他社と徹底比較

楽天証券:iSPEED

楽天証券:iSPEED

iSPEEDは楽天証券が提供する米国株取引アプリで、国内株式取引アプリの使いやすさをそのまま米国株に適用しています。

主要ネット証券で初めて国内株式・米国株式の取引が1つのスマートフォン向けトレーディングアプリで行えるようにしたのが楽天証券です。

さらに2023年のバージョンアップではユーザーの要望を反映したテクニカル指標(パラボリック・MACDのヒストグラム追加)の追加やチャート機能の改善が行われました。

一部のテクニカルチャート(単純移動平均、ボリンジャーバンド、指数平滑移動平均、MACD)の線の色や太さをカスタマイズできるようになり、視覚的な使いやすさが向上しています。

特にテクニカルチャートは国内総合証券の中で最多の機能を誇ります。

(ボリンジャーバンド・一目均衡表・指数平滑移動平均・多重移動平均・MACD・RSI・ストキャスティクス・移動平均乖離率 等)

米国株のリアルタイム株価の配信に対応しているのも大きなメリットです。

楽天証券株アプリ「iSPEED」の特徴と使い方を徹底解説!メリット・デメリットも紹介

米国株のチャートが便利なおすすめの証券会社

米国株の特徴やメリット・デメリットを紹介していきましたが、これから米国株を購入できるおすすめ証券会社を紹介します。

米国株投資に合った証券会社が分からずに投資を始められずにいる方はぜひ目を通してみてください。

【2023年最新】ネット証券おすすめランキング!初心者におすすめの証券会社を徹底比較

米国株のチャートが便利なおすすめの証券会社
  • マネックス証券
  • moomoo証券
  • 楽天証券
  • SBI証券

マネックス証券

マネックス証券
総合★★★★★ 3.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 550円 550円 550円

キャンペーン
投資デビュー応援キャンペーン・NISAデビュー祭・NISAでつみたて祭

マネックス証券は米国株の寧柄分析ツールとして「米国株専用アプリ トレードステーション」「銘柄スカウター 米国株」の2つのサービスを提供しています。

トレードステーションはすでにご紹介した通り、チャート描画、チャート種別の変更、27種類(Android版は26種類)の指標の追加ができる高機能チャートが使えるアプリです。

「銘柄スカウター 米国株」は過去10期以上の企業業績をグラフ表示できたり、四半期業績の推移で直近の業績トレンドを確認できる等、各種データをグラフ表示でわかりやすく表示してくれます。

銘柄スカウターにチャート機能はありませんが、トレードステーションと合わせて使うことでより高度な分析が可能になります。

またマネックス証券は外国株に力を入れているネット証券ということもあり、米国株の取り扱い銘柄が豊富で約5,000銘柄以上(2023/12/04時点)の豊富なライナップから銘柄を選ぶ事ができます。

さらに原則24時間取引可能なので、立会時間外の株価変動時も利益を狙うことができます。

買い・売りともに1株(口)から取引できる手軽さも魅力の一つで、小学からリスクを抑えた取引をしてみたい米国株初心者にもおすすめです。

「ネット証券ランキング米国株部門第1位」※にも選ばれた実績があり、米国株を取引する多くの投資家に選ばれているネット証券です。

マネックス証券の評判・口コミはどう?米国株投資におすすめの理由や口座開設手順も解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

moomoo証券

moomoo証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
×
積立NISA
×
IPO
米国株
米国株取引手数料
取引株数 200株まで 200株以上
手数料 一律1.99米ドル 約定株数×
0.0099米ドル

キャンペーン
moomoo証券口座開設キャンペーン

moomoo証券ではこれまで国内での取引ができませんでしたが、2023年9月から米国株の国内取引が可能になりました。

業界初、米国株を24期間取引できて、急な株価変動にも即座に対応できます。

moomooアプリの一番の魅力は豊富な情報・データをリアルタイムで確認できること。

リアルタイムの株価がチャートに反映されるので、即時性の高い情報を得ることができ、取引チャンスを正確に見極めることができます、

米国株の取引手数料は0.088%(税込)で、業界最安水準(※1)となっています。

ネット証券各社の0.495%(税込)と比べると約6分の1という安さです。

※1 主要ネット証券 ( 口座数上位 5 社:SBI 証券、au カブコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券 ) で比較。 (2023年10月1日時点 )

約7,000の(2023/12/04時点)豊富な銘柄を取り扱っていて、中には国内でmoomoo証券でしか取引できない銘柄もあります。

米国株取引をするなら、候補としては外せない証券口座ですのでチェックしておきましょう。

さらに現在、moomoo証券では「米国株取引サービス強化記念キャンペーン」を実施しています。

米国株の取引サービス強化を記念して、2023年12月6日から2024年2月29日(木)までの期間限定キャンペーンです。

非常にお得なキャンペーンになっているため、ぜひ目を通してみてください。

キャンペーン期間・キャンペーン対象者は以下になります。

期間 2023年12月6日(水)~2024年2月29日(木)
キャンペーン対象者 特典1:2023年12月6日(水)以降に初めて証券口座に入金、かつ入金条件を満たした方
特典2:2023年12月6日(水)以降に初めて証券口座を開設した方

特典1では、人気米国株が抽選で最大10万円分当たります。

口座への入金金額や30日間の日時平均資産残高の条件を満たすと抽選券が付与されます。

詳しい特典内容と付与条件は以下の通りです。

特典内容 最大10万円相当!人気米国株(買付代金)が抽選で当たる
i:1万円以上30万円未満を入金し、かつ30日間の日時平均資産残高(円貨/外貨預金・株式含む)が1万円以上を維持したお客様に抽選券1枚贈呈
ii:30万円以上を入金し、かつ、30日間の日次平均資産残高(円貨/外貨預金・株式含む)が30万円以上を維持したお客様に抽選券3枚を進呈
付与条件

・キャンペーン期間中キャンペーン期間中入金条件を満たしたお客様は累計入金金額に応じて、相応回数の抽選に参加可能
iの条件達成:抽選券1枚
iiの条件達成:抽選券さらに3枚、計4枚
・口座内の米ドル・米国株は、1ドルあたり149円の固定レートで資産換算
・入金の反映期限は2024年2月29日24時まで
・抽選券の有効期間は1ヶ月です。抽選券の受け取り後、有効期間内に抽選を実施してください。
・本キャンペーンは株式買付代金をプレゼントする仕組みです。
・当選確定後、お客様が当選された銘柄に従い、お客様に買付代行行為を承諾いただいた後、当社から同銘柄の買付代金をお客様の口座に入金し、当該代金を用いて当社側でお客様を代行して同銘柄の買付注文を行います。(代行買付時、取引手数料のご負担はありません)
・株価の変動によって、キャンペーン対象となる銘柄は変動する場合がございます。
・本キャンペーンで当選する米国株(買付代金)は抽選回数に関わらず、最大10万円まで
・対象銘柄の一覧は、特定銘柄の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。

特典2では、米国株の取引手数料が一定期間無料になります。

この特典は、moomoo証券で期間内に初めて口座開設を行った方が対象です。

詳しい特典内容と付与条件は以下の通りです。

特典内容 米国株式の取引手数料2ヶ月間無料
付与条件 キャンペーン期間中に初めて当社の証券口座を開設したお客様には、追加操作不要で米国株式の取引手数料2ヶ月間無料が適用

このキャンペーンにおける注意事項は以下になります。

どれも非常に大切なので、しっかり目を通していきましょう。

その他の注意事項 ・本キャンペーンはエントリー不要です。
・口座開設のお手続きは最短翌営業日となります。
・当社が不適切と判断した場合、キャンペーンの対象外となる場合があります。
・本キャンペーンの特典を1度受けた方は再度受け取ることはできません。
・日次平均資産条件達成後、約2営業日以内にアプリ内にて通知いたします。
・米国株式の取引手数料2ヶ月間無料特典の場合、取引手数料は発生しませんが、別途現地精算費用が手数料コースによってかかる場合があり
ます。
・為替取引の為替レートは外部業者から提供されたものを利用します。この為替レートにはスプレッドが含まれており、お客様の取引コストに
なります。別途当社で為替手数料等は徴収しておりません。
・当選した米国株は一般口座へ入庫いたします。
・当選した米国株は、個人のお客様の場合、雑所得(またはその他の所得)として総合課税の対象となる場合があります。詳しくは税理士、または税務署等にお問合せください。
・本ページ掲載のキャンペーン実施期間以降も、継続してキャンペーンを実施する場合があります。
・今後も継続して同様のキャンペーン(特典内容や条件が異なる場合を含む)を開催する予定です。
・本キャンペーンの内容は、予告なく変更、中止または延長(一部条件変更を含む)となる場合がございますので予めご了承ください。
・条件を満たした後、特典が付与されないなどの場合にはお手数ですがカスタマーサービスまでお問い合わせください。

このキャンペーンは、特に今までmoomoo証券で証券口座を開設したことがない方に非常にお得なキャンペーンとなっています。

この機会に、moomoo証券に証券口座を開設していない方は、moomoo証券を利用して株取引を行ってみてください。
moomoo証券の口コミ・評判はどう?メリット・デメリットや手数料も解説

moomoo証券
5分で簡単登録

楽天証券

楽天証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円
0コース(信用取引込) 0円 0円 0円

キャンペーン
米国株取引手数料(実質)無料プログラム 投信積立での楽天キャッシュ決済開始記念キャンペーン

サイト内にチャート分析できる機能があるだけでなく、すでにご紹介した「iSPEED」という米国株対応アプリを提供しています。

楽天証券米国株 チャート

※サイト内のチャート機能

サイト内チャートはシンプルな表示と厳選した表示方法が特徴のツールとなっており、視覚的な見やすさやシンプルな使い心地が印象的です。

株価やファンド情報も瞬時に確認することができる等、初心者にも使いやすいコンパクトなツールとなっています。

一方「iSPEED」は、国内総合証券の中で最多の機能を誇るテクニカルチャートを搭載した高機能株アプリで、以下のように豊富なチャート機能を備えています。

楽天証券「iSPEED」のテクニカルチャートの種類
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • 指数平滑移動平均
  • 多重移動平均
  • MACD
  • RSI
  • ストキャスティクス
  • 移動平均乖離率 等

米国株投資初心者はサイト内チャートから始め、慣れるにつれて「iSPEED」を併用していくのもおすすめです。

また楽天証券は4,765銘柄(2023/12/04時点)の米国株を扱っており、豊富な種類から購入する株を選べます。

支払った手数料の1%が楽天スーパーポイントとして還元されたり、取引手数料の1%(大口優遇なら2%)をポイントバックする等、ポイントをお得にやりくりできるシステムも特徴です。

特に楽天経済圏をよく利用する方は、ぜひ口座開設を検討してみてください。

楽天証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

SBI証券

SBI証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円

キャンペーン
FX取引!キャッシュバックキャンペーン SBI証券でiDeCo始めちゃおう!キャンペーン

SBI証券は、国内初となる証券総合口座1100万口座達成(SBIネオトレード・SBIネオモバイル含め)した、口座開設数トップのネット証券です。

国内最大の大手ネット証券会社で、約5,300銘柄以上(2023/12/04時点)の米国株で投資することができます。

「NYSE/NYSE Arca/NASDAQリアルタイム株価・チャート」では、通常は15分ディレイの個別銘柄やNYダウの株価・チャートが、ユーザーが画面を表示した時点のリアルタイムの株価で表示されます。

またアプリツールからは「SBI証券米国株アプリ」も提供しています。

株価の方向性を分析する移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表などのトレンド系指標や、売買のタイミングを探るMACDなどのオシレーター系指標を、タップするだけでチャートに表示することが可能です。

SBI証券の評判・口コミはやばい?口座数NO.1の理由やメリット・デメリットを徹底解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

米国株の特徴

米国株取引をするにあたって、まず知っておきたい米国株の特徴を紹介します。

特に米国株取引初心者の方は、米国株投資のメリットを確認しておきましょう。

米国株の特徴
  • 世界で最も大きい市場
  • グローバル企業も多い

世界で最も大きい市場

米国株式市場は、アメリカ国内にある証券取引所で取引されています。

米国株式の市場は世界で最も大きい市場で、世界最大の経済大国であるアメリカ企業への投資ができます。

そのため、経済成長の恩恵を受けながら安定した利益を狙えるのが米国株投資のメリットです。

米国株の選び方は?米国株の特徴とおすすめ銘柄を紹介

グローバル企業も多い

米国に本社を置く企業であっても、世界各国に事業を展開することで、海外での売上や利益が大半を占めるグローバル企業は多いです。

例としてApple、P&G、コカ・コーラなど、日本を始め多くの国で身近に感じられる商品やサービスを提供してグローバルに活躍している米国のブランド企業はたくさんあります。

中には新興国にも積極的に進出する企業もあり、米国株への投資は世界経済の成長ポテンシャルを取り込むことができるのがメリットです。

株式投資のファンダメンタル分析とは?やり方やおすすめツールを紹介

米国株のチャートに関するよくある質問

米国株のチャートに関するよくある質問と回答を紹介します。

米国株のチャートに関するよくある質問
  • 米国株のチャート分析ができるおすすめのツールは?
  • 米国株のチャート分析ができるおすすめ証券会社は?
  • 米国株は何株から買える?

米国株のチャート分析ができるおすすめのツールは?

米国株のチャート分析には、moomoo証券アプリがおすすめです。

moomoo証券は高機能な情報提供アプリを提供しており、テクニカル指標は60種類以上を搭載し、描画ツールも30種類以上と豊富です。

例えばテクニカル指標の設定画面では、「トレンド指標」「買われ過ぎ・売られすぎ指標」「変動指標」のように分類されていてわかりやすいです。

さらに別の銘柄との値動きを比較できる「比較チャート」や、未来の値動きを予測してくれる「類似チャート予測」等の機能搭載されている等、米国株のチャート機能が充実しているのも魅力です。

またリアルタイムの株価がチャートに反映されているので、即時性の高い情報を得ることができ、取引チャンスを正確に見極めることができます。

App StoreからダウンロードGoogle Playで手に入れよう
moomoo証券
5分で簡単登録

米国株のチャート分析ができるおすすめ証券会社は?

米国株のチャート分析ができるおすすめ証券会社は以下の通りです。

米国株のチャート分析ができるおすすめ証券会社
  • moomoo証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • SBI証券

いずれの証券会社もチャート分析が優秀なアプリツールを提供しています。

証券口座と同じ提供元のアプリを使うことで分析から取引までの流れもスムーズになりやすいです。

米国株は何株から買える?

日本の上場会社の株は100株単位を基本としていますが、米国の上場会社の株は原則1株から購入できます。

多くの銘柄は数万円から十数万円程度で購入できます。

例として「コカ・コーラ」「AT&T」「インテル」などの人気銘柄は一万円以下でご購入できます。(2023年12月時点)

ただし、別途、取引手数料と為替のスプレッド(円貨決済の場合)等がかかる点には注意が必要です。

米国株のチャート分析にはmoomoo証券がおすすめ

米国株のチャート分析おすすめのツールや証券会社について紹介しました。

各証券会社は米国株のチャート分析ができるサービスを提供していますが、中でもmoomoo証券アプリは総合力が高くおすすめです。

テクニカル指標は60種類以上、描画ツールも30種類以上と豊富に搭載しているだけでなく、リアルタイムの株価がチャートに反映されているので、即時性の高い情報を得ることができます。

米国株約7,000銘柄を揃えていて(2023/12/04時点)、主要ネット証券の中でもトップの取り扱い数です。

中には国内でmoomoo証券でしか取引できない銘柄もあります。

米国株取引を検討している方はぜひ、候補にしてみてください。

【2023年最新】ネット証券の手数料を比較!各サービスの売買手数料や一番安いおすすめのネット証券口座を紹介