TOP売主物件と仲介物件の違い

マンション経営を始める

売主物件と仲介物件の違い

売主物件と仲介物件の違い


売主物件のメリット

弊社では都心のブランドエリアをはじめ、東京23区・首都圏にある好立地の区分マンションをご提案しています。
なかでも、弊社売主物件(自社物件)をご購入の場合には、仲介物件にはない様々なメリットがございます。

メリット1

弊社が売主のため、仲介手数料が不要です。

メリット2

       

「売主物件の品質保証」として、2年間の契約不適合責任が付帯されます。

メリット3

1%台の低金利で資金計画が可能な金融機関をはじめ、
頭金0円からOKの「100%ローン」、諸費用込みローン、最長45年まで可能な長期融資、
ガンなど疾病保障のある団体信用生命保険付、繰上返済手数料無料など
提携金融機関の選択の幅が広がります。

メリット4

ガス給湯器・エアコンに関して「設備交換費用無料」となる特典がございます。
さらに、賃貸管理サポートに関する手厚いオプションサービスもご利用いただけます。

特典・オプションについてはこちら


~仲介物件のご購入を希望される方へ~

仲介物件をご購入の場合には、弊社既定の仲介手数料を申し受けます。

・物件価格1,000万円の場合
→「39.6万円(税込)」

・物件価格2,000万円の場合
→「72.6万円(税込)」

仲介手数料について詳しくはこちら