tr?id=217420418998440&ev=PageView
&noscript=1 Q&A | 株式会社明光トレーディング

マンション経営を始める

Q&A

pixta_21831106_M.jpg

マンション経営に関して、お客様からの「よくあるご質問」にお答えいたします。

どんな人がマンション経営をされていますか?

全国の会社員・公務員・自営業・年金受給者などごくごく普通の方々が主流です。
年代も20代~80代と幅広い年代層の方々が各々の将来不安(年金対策・相続税対策など)に対して、その保全としてマンション経営による資産形成をされています。

マンション経営を始めるにあたり、自己資金がいくら位必要か教えてください。

わずかな自己資金で始められます。
明光トレーディングのご紹介する購入ローンを利用すれば通常、購入価格の100%までローンをご利用になれます。まずは、ご相談ください。(金融機関の審査基準等により、ご利用いただけない場合もございます。)

マンション経営のメリットについて教えてください。

マンション経営を始めると、将来にわたり安定した家賃収入が得られます。
マンション経営には大きく「7つのメリット」があります。
お客様それぞれが現在置かれている状況や、老後生活などの将来像にあわせて、マンション経営のメリットを最大限生かせるよう弊社がご提案させていただきます。
詳しくは「マンション経営のメリット」をご覧ください。

マンション経営のリスクについて教えてください。

マンション経営において最も大きなリスクは「空室期間リスク」だと考えています。
このリスクを最小限にするために、弊社は入居者確保をはじめとした「賃貸管理」にこだわっています。
お客様がご所有後、安定した家賃収入を得られるよう、弊社が全力でサポート致します。
詳しくは「明光トレーディングのこだわり」をご覧ください

大きな地震が起きたら、建物が壊れるのではないかと心配です…。

ワンルームマンションは頑丈にできています。
昭和56年(1981年)に建築基準法施工例が改正され、新耐震設計基準の施行により、大地震の際も大きな損害を受けないですむように改められました。
実際に、阪神大震災では、昭和56年以降に建てられたマンションは被害が少なく、特に、ワンルームマンションの倒壊はひとつもなかったようです。 これは、部屋数が多いワンルームマンションは壁が多く、鉄筋もたくさん使っているため頑丈だったからです。 耐震性にすぐれた設計・工法で施工されたワンルームマンションは、地震に強い安全な建物であると言えるでしょう。

マンションの価格は低下しませんか?

賃貸需要の高い物件を購入することがポイントです。
近年、投資用マンションは、収益還元法に基づいてその物件がどれだけ利益を生むのか(家賃収入を確保できるか)という視点から逆算して価値を決める傾向があります。
賃貸需要のある物件であれば、物件の価値も安定していますので、安定した家賃収入が期待できます。
そのために、弊社では立地・管理会社・利便性などに重点をおいた価値の高い物件をご提供させていただいております。

建物が古くなると家賃は下がるのですか?

東京の場合、23区内で駅までの徒歩圏内をいう立地条件に恵まれたマンションは古くなっても家賃が下がることは考えにくいでしょう。 また、ワンルームマンションの建築規制により都区部では新築条件が厳しくなったこともあり、新規供給が少なくなると予想されます。
弊社の物件は、需要と供給の関係に加え、ニーズに密着した品質、管理体制に配慮していますので長く安定した家賃収入が期待できます。

オーナーになると煩わしいことが増えるのでは?

賃貸管理の専門スタッフが、オーナー様の煩わしさを解消します。
マンション経営を成功に導くため、オーナー様に代わり、ロケーション、家賃設定、利便性等のマーケティングに基づいた入居者募集を行います。
さらに、家賃の集金はもちろん、契約や更新に関する複雑なマネージメントも代行。
建物のメンテナンスなどの煩わしいケースもサポートします。
詳しくは「賃貸管理サポートシステムのご案内」をご覧ください

マンション経営に対するご不安やご質問がございましたら、
お気軽に販売営業部までお問い合わせください。